(株)ジェー・ジョンソン(JJ通信サイト)
電気、電子、機械分野専門の翻訳会社ジェー・ジョンソン(株)が月一回配信する「JJ通信」のサイトです。

  1. お問い合わせ
  2. |
  3. バックナンバー
  4. |
  5. HOME

JJ通信 第32号
2007/11/12
ジェー・ジョンソン(株)

   ┌―┐
   │コ│  1.ごあいさつ
   │ン│  2.たわごと  
   │テ│  3.DTPあれこれ
   │ン│  4.用語集
   │ツ│  5.お待ちしております
   └―┘

※ JJ通信は、お見積のご依頼をいただいた方、資料請求をされた方、
  名刺交換をされた方・・・ などの皆様にお送りしています。
  (ご迷惑な方には配信を中止します。 こちらまで→ support@j-johnson.co.jp )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ごあいさつ
──────────────────────────────────

お世話になっております。 「技術翻訳・DTP・印刷」 のジェー・ジョンソンで
ございます。 今月号の JJ通信を配信させていただきます。 お時間が許せば、
是非ご一読下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.たわごと
──────────────────────────────────

先日、田町のお客様を訪問した帰りに、奇妙なトンネルを見かけました。  高さ制
限が1.5mで、首を曲げ、少しかがまないと、進めません。 一方通 行ですが 、
車も通ることができて、タクシーなどは屋根の上の行灯がギリギリで、かすりそう
でした。
その上は、山手線、京浜東北線、東海道線、新幹線 などが走っているので、
長さが200mはあるのでは、と思い、その時は、通るのをあきらめて、引き返し
ました。
帰社後、ネットで調べましたら、 正式名 はわかりませんが、泉岳寺のトンネルと
いって、有名なようです。(私は初めて 知りました。)  ちなみに、自転車なら、首を
曲げなくても、通れます。 薄暗くて、圧迫感が あり、何とも言えない雰囲気のトン
ネルでした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.DTPあれこれ
──────────────────────────────────

お客様との日々の校正のやり取りの中で、戻していただいた校正紙を見て、
困ってしまうことが多々あります。 それは、修正内容を別の用紙(ワードや エクセル
のファイル)に箇条書きしてある場合です。
(一部の方は、メールに 直接書いてこられますが、これも同じです。) 

整然とまとめてあるので、その書類自体は良いのですが、一通り読んで修正の内容、
を把握しそれがどの 部分の修正かを理解するのに時間がかかってしまい、非効率
なのです。赤ペンで校正紙に直接書き込む方が、はるかにスピーディーで、精度が
高いと思いますので、それをFAXまたはスキャンして送っていただいた方が大変助 
かります。

例えば、漢字2文字を削除するには、校正紙の該当する漢字に取り消し線を 引いて、
「トルツメ」と書くだけですから、一瞬と思いますが、●●の写真の横の欄の何行目の
文字の・・・という感じで、長々とした説明が必要ですし、校正記号 も使えません。 

お客様の方で、修正の履歴を管理したいのかもしれませんが、 修正作業は常に急い
でいて、かつ正確さを求められますので、他の方法で管理 していただけたら、と思い
ます。  それから、最近では校正にPDFを使う機会が増えましたが、これも上手く活
用しな いと、必ずしも効率良いとは言えないと日々感じています。 

注意を喚起するため に、1, 2箇所に「注釈」を入れるのでしたら良いのですが、
全ての修正内容を「注釈」 機能を使って書き込むのは、必ずしも効率良い方法とは
言えないのではないでしょ うか。 デジタル化が進み、いろいろと便利なツールが
出てきますが、「アナログ的」な作業 と臨機応変に使い分けることが必要と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.用語集
──────────────────────────────────

<ネイティブチェック>
ネイティブスピーカーが、日本人翻訳者が翻訳した訳文を、自然な表現に なるように
ブラッシュアップ(手直し)すること。 別途料金がかかる場合が 多い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.お待ちしております
──────────────────────────────────

翻訳・DTP・印刷に関して、お問合せ、見積依頼、トライアル(試訳)依頼 などが
ございましたら、遠慮なくご連絡下さい。→ support@j-johnson.co.jp
営業担当が親身になって、迅速に対応させていただきます。

また、JJ通信に関するご意見・ご感想もお知らせ下さい。
バックナンバーは弊社ホームページから見ることができます。

--------------------------------------------------------------------

【 JJ通信 】 2007/11/12     配信中止はこちらまで。→ support@j-johnson.co.jp
発行者 : ジェー・ジョンソン株式会社  平石 繁    http://www.j-johnson.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━