(株)ジェー・ジョンソン(JJ通信サイト)
電気、電子、機械分野専門の翻訳会社ジェー・ジョンソン(株)が月一回配信する「JJ通信」のサイトです。

  1. お問い合わせ
  2. |
  3. バックナンバー
  4. |
  5. HOME

JJ通信 第37号
2008/04/10
ジェー・ジョンソン(株)

   ┌―┐
   │コ│  1.ごあいさつ
   │ン│  2.たわごと  
   │テ│  3.翻訳あれこれ
   │ン│  4.用語集  
   │ツ│  5.お待ちしております  
   └―┘
  ● JJ通信は、お見積のご依頼をいただいた方、資料請求をされた方、
   名刺交換をされた方・・・ などの皆様にお送りしています。
  (ご迷惑な方には配信を中止します。 こちらまで→ support@j-johnson.co.jp)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ごあいさつ
──────────────────────────────────

お世話になっております。 「技術翻訳・DTP・印刷」 のジェー・ジョンソンで ござ
います。今月号の JJ通信を配信させていただきます。 お時間が許せば、 是非
ご一読下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.たわごと
──────────────────────────────────

「神に祈ったか?」 京セラ 名誉会長の稲盛和夫さんの言葉です。稲盛さんの
ような方でも最後は、「神頼み」なのでしょうか・・・? いえ、そうではありません。
ある晩、部下の一人の技術者が、設計上の難題を何ヶ月もかかっていながら、
どうしても克服できず、思い悩み、めげそうになっていました。その時に稲盛さん
が言ったのが、「神に祈ったか?」です。

その意味は、「もう、後は神に祈るしかないというくらいまで、努力し、最後の最後
まで全力でやり尽くしたか?」 というものです。一からやり直すことを決意した
技術者は、やがてその難題を克服したそうです。
仕事に対する厳しさを感じますね。 含蓄があって、深いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.翻訳あれこれ
──────────────────────────────────

翻訳会社にはたいていの場合、チェッカーと呼ばれる担当者がいます。 文字通り
翻訳者の訳した訳文をチェックするのが仕事です。

なぜ、チェッカーのチェックが必要かといえば、たとえ翻訳者が最大限の注意を払っ
て、ミスのないように翻訳したとしても、そこは生身の人間のすることですので、機械
のように完璧というわけにはいきません。正直に申し上げれば、ミスはつきものです。

もちろん翻訳者本人自身が作業終了後に見直しをして はおりますが、本人が数回
見直すよりも、他人が1回見直す方が、はるかに 精度が上がります。不思議なもの
で、自分のミスには気付かなくとも、他の人 のミスには、目が留まります。

これは翻訳だけに限りませんね。 ましてや、納期に余裕があって落ち着いて作業
できることは極めて稀で、お客 様の求めるのは常に短納期、時には超が付くほどの
大至急の仕事です。  そうした中で、何千字、何万字と作業を進めていくのですから、
数箇所の見落と しや勘違いがあっても不思議ではなく、致しかたないと言わざるを得
ません。

とはいうものの、それはあくまで社内の事情であって、お客様からお引き受けした大事
な仕事に対して一切言い訳はできませんし、ミスは1ヶ所たりとも絶対 に許されません。

そこで翻訳者をフォローして、お客様に納品できるものに仕上げるのが、 チェッカーの
役割です。訳抜け、誤訳、数字・記号の誤入力をピックアップして 修正し、さらに体裁を
整え、お客様に納品できるクオリティーに仕上げます。 (ちなみに、よく耳にする「ネイテ
ィブチェック」というのは、同じ「チェック」でも、 少し意味合いが変わって、日本人翻訳者
が訳した訳文をネイティブスピーカーが自然な言い回しにブラッシュアップすることです。
(「リライト」とも言います。)

翻訳者の影に隠れて、表舞台には姿を現しませんが、チェッカーは翻訳会社 にとって、
決して欠くことのできない貴重な存在なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.用語集
──────────────────────────────────

<ピンホール>
印刷物のベタ部分の発生する小さい白い点(抜け)のこと。 印刷の不良の 1つで、
紙粉やホコリが付着したまま印刷することで発生する。 「白抜け」 とも言う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.お待ちしております
──────────────────────────────────

翻訳・DTP・印刷に関して、お問合せ、見積依頼、トライアル(試訳)依頼などが
ございましたら、遠慮なくご連絡下さい。 
営業担当が親身になって、迅速に 対応させていただきます。
また、JJ通信に関するご意見・ご感想もお待ちしております。


▼配信中止、ご意見、ご感想、その他のご連絡 support@j-johnson.co.jp
▼お問合せフォーム http://www.j-johnson.co.jp/otoiawase.html
▼翻訳お見積について http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html
▼JJ通信 バックナンバー http://www.jj-honyaku.net/

--------------------------------------------------------------------

【 JJ通信 第37号】 2008/4/10発行
配信中止はこちらまで。 → support@j-johnson.co.jp
■発行者 : ジェー・ジョンソン株式会社  平石 繁   http://www.j-johnson.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━