(株)ジェー・ジョンソン(JJ通信サイト)
電気、電子、機械分野専門の翻訳会社ジェー・ジョンソン(株)が月一回配信する「JJ通信」のサイトです。

  1. お問い合わせ
  2. |
  3. バックナンバー
  4. |
  5. HOME

JJ通信 第79号
2011/10/31
ジェー・ジョンソン(株)

┌―┐
│コ│ 1.ごあいさつ
│ン│ 2.たわごと
│テ│ 3.翻訳あれこれ
│ン│ 4.用語集
│ツ│ 5.お待ちしております
└―┘

● JJ通信は、お見積のご依頼をいただいた方、資料請求をされた方、

名刺交換をされた方・・・ などの皆様にお送りしています。

(ご迷惑な方には配信を中止します。 こちらまで→ support@j-johnson.co.jp)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ごあいさつ
──────────────────────────────────

お世話になっております。 「技術翻訳・DTP・印刷」 のジェー・ジョンソンで

ございます。 今月号の JJ通信を配信させていただきます。 お時間が許せば、

是非ご一読下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.たわごと
──────────────────────────────────

今さら話題にするのも気がひけますが、プロ野球のクライマックスシリーズって

必要なんでしょうか。 長いペナントレースを制した球団が日本一をかけて

日本シリーズで戦うのが本来のあり方だと思います。 一発逆転のチャンスも

いいですが、一位チームへのアドバンテージが小さ過ぎます。

消化試合をなくしたいのなら、2リーグ制をやめて、1部、2部制にして、入れ替え戦

をしたらどうでしょうか。 絶対に無理とは思いますが・・・。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.翻訳 あれこれ
──────────────────────────────────

以前のJJ通信にて、クオーテーションの表記について述べたことがありました

(第67号)。アポストロフィー、シングルクオーテーション、ダブルクオーテーションの

主な意味と使い方です。今回は単語の表記について、大文字がよいか小文字が

よいかについてご紹介したいと思います。

基本的に英語は、文中において小文字で表記するのが一般的です。大文字で表記

するのは、文の冒頭、固有名詞、代名詞の I 、曜日の名前、月の名前などだけです。

この場合、大文字にするのは、語頭の1文字です。

例えば、STEVE、TOKYO、HONDAではなく、それぞれSteve、Tokyo、Honda となります。

もちろん例外もありまして、カタログやマニュアルのタイトル・見出しや、ロゴや

プロモーション用の広告などで特別な効果をねらう場合などでは、敢えて全て大文字

表記にしています。

ただ、特に理由もなく、全てを大文字表記すると、ネイティブスピーカーは強い違和感

を感じるようです。 私個人も読みにくいので、あまり好きではありません。

また、日本人が書いた英文で、大文字を頻繁に使っている文を目にすることがあります。

確かに強調する場合にも、語頭を大文字にしますので、本人からすると、特別な用語

という意味で大文字にしていると思いますが、あまりお薦めできません。

通常は小文字を用いて、強調したい場合には、ダブルクオーテー ションなどを使った

が自然な感じになると思います。

なお、先に挙げた英語の大文字表記の例は、必ずしも他のヨーロッパ言語には

当てはまらないので、注意が必要です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.用語集
──────────────────────────────────

<仕上り寸法>

書籍、カタログ、冊子、カレンダーなどの実際の大きさの寸法。

断裁機にて裁つ際、目印になるトンボの内側にある大きさを指す。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.お待ちしております
──────────────────────────────────

翻訳・DTP・印刷に関して、お問合せ、見積依頼、トライアル(試訳)依頼などが

ございましたら、遠慮なくご連絡下さい。 営業担当が親身になって、迅速に

対応させていただきます。

また、JJ通信に関するご意見・ご感想もお待ちしております。


▼配信中止、ご意見、ご感想、その他のご連絡
  support@j-johnson.co.jp

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/otoiawase.html

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信 バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

--------------------------------------------------------------------
【 JJ通信 第79号】 2011/10/31 発行

配信中止はこちらまで。 → support@j-johnson.co.jp

■発行者 : ジェー・ジョンソン株式会社 平石 繁
http://www.j-johnson.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━